FC2ブログ

らむ・れーずん・パインの3頭のコーギーと暮らしています。



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2021 >>
プロフィール

らむママ

Author:らむママ
FC2ブログへようこそ!
現在「職人」と呼ばれる仕事をしています。
以前ガイドヘルパーのお仕事もしていました。
「人」と係わる仕事から「物」と係わる仕事へ変わり
日々ワンコに癒され暮らしています。
2010年1月愛玩動物飼養管理士1級合格しました♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する


思案中。

   
突然の別れにオタオタするばかりで・・・・
あれよあれよ。。。と日は経って行くものですね。
今日は四・七日、28日にあたります。
今月の22日で49日を迎え、本来ならば納骨。
これは多分無理だと思っている。
もし納骨してしまったら自分が自分でなくなるくらい苦しいかもしれない。
ずっとずっと何年も掛けてお骨のことは考えるかも?
我が家のお墓の敷地内の空いているスペースに動物用にお墓を立ててもいいなあ~なんて思ってもいる。
一緒に暮らしている頃はそんなことを考えてもみなかったし
もし考えていたとしてもその通りにはならなかったかもしれない。
実際、お葬式の当日は49日で納骨する気でいたし、納骨用の壷&箱に入れてももらった。
その時にならないと決められないんだと実感した。

今悩むのはお位牌。
49日で今の白木のお位牌はお炊き上げになってなくなる。
49日以降は黒いお位牌を作ってもらうつもりでいたが
お骨が家にあるのにお位牌だけお寺においてもらうってのもね・・・・
人間と違ってそこのところ取り決めもないし、
どんなもんだろう?


ちっちゃいれーずんがいてもお骨とはお別れ出来ないなあ。。
| comments(6) | trackbacks(0) | page top |

テーマ:  かわいい♪コーギー
ジャンル:  ペット

時間が経つのは早いものですね。
うちは火葬にしないので、そのままの姿で、土に返します。
うちに居たワンコ達はどの子もそこに埋葬しています。だから改めて、埋葬する事はありません。
ジーナの毛を切って残しているだけです。

もう何頭もの子達を送っているので、自然とそうするものと思っています。


このお話をご存知でしょうか?
とっても酷い話なんです。合同慰霊祭、などを取り仕切るところが絡んでるかもしれないという事です。
らむママには、ちょっと辛すぎる記事かもしれません。

これはペットを、飼っている人には衝撃的過ぎる事なのです。アドレスを置いて行って良いものかどうか・・・犯人逮捕の為に少しでもお力を借りたいというブログ主のお話でもあります。

もし読んでも良いと思って戴けたら、コメ下さいませ。
寂しいですね
らむママさん こんにちわ
れーちゃんが旅立って早くも1ヶ月ですね。
遠くにいても寂しいです。
納骨の事ね。我が家でも悠のお骨は、今でも我が家に有ります。墓地に行かなくても居間の仏壇前に安置中ですからいつでもあえます。
人間の場合は、いろいろ制約があって墓地に埋葬しなければなりませんが。。。ワンコの場合は、ある意味「自由」ですから・・・・・・・・・

らむママさんの気持ち次第ですよ。
気が済むまで
お家に置いていてもいいのでは?
地域によって違うのかもしれないけれど
私の友人宅(少なくとも5件)では
ず~っとお家においていますよ、
長い人で15年 
毎朝お水をあげてお話ししてるそうです
そういえば お位牌ってあるのか覚えてないかも。。。

考えすぎないで のんびりね!!
シェイドさん~
菜菜パパ~
もるまま~

今までも犬や猫を飼ったことはあったんだけど
家族として室内で、ましてや腕枕して寝るなんてのは初めてだし
そんなワンコを見送るのも初めての経験。
火葬してもらったのも初めてだしね・・・

お骨、お位牌のことはこれから時間をかけて考えてみます。

菜菜パパ、もるまま~
れーずんに綺麗なお花をありがとう。

シェイドさん、あの記事読みました。
もうなんと言っていいやら・・・・

私も老ネコの事を考えて、動物霊園内にあるドックランによく行くんでそこにお墓をお願いしようと思ってましたが、私達が亡くなったらお墓はどうなるの?と悩んでいました。

先日、愛犬を亡くしたお友達は、お骨はず~っとおうちに置いていて、ご主人か自分が亡くなったら他のものに紛れ込ませて一緒にお棺に入れてもらうそうです。
なるほどね~っと思いました。

ペットを火葬してくれた所の方に「たまにお骨を抱いて元気だった頃のようにお散歩してあげてください。」 といわれてそうしてるそうです。

叔母のワンコは亡くなって1周期に納骨してました。
納骨するのも、お家において置くのも飼い主さんの自由だそうです。






りゅうままさま。
りゅうまま~
お骨の問題とかお墓の問題とかって難しいよね~
ワタシもじっくり時間を掛けて考えてみます。
お骨を抱いてお散歩とな?
そうかあ~~やってみるか?!


この記事のトラックバックURL:
http://biog333rumy.blog55.fc2.com/tb.php/802-8baa4562
<< NEW | TOP | OLD>>