らむ・れーずん・パインの3頭のコーギーと暮らしています。



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

らむママ

Author:らむママ
FC2ブログへようこそ!
現在「職人」と呼ばれる仕事をしています。
以前ガイドヘルパーのお仕事もしていました。
「人」と係わる仕事から「物」と係わる仕事へ変わり
日々ワンコに癒され暮らしています。
2010年1月愛玩動物飼養管理士1級合格しました♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

今年2回目の通院日

   
今日は今年に入って2回目の通院日でした。
年末・年始の時みたいに大号泣しなくてはならない様な状況ではなくなった。
そこそこ元気に過ごしているし足腰が立たない事もないし、散歩にも行ける。
時々はパインとバトルをしている。

月曜日から始まった脳圧降下剤、ステロイドの増量そして抗癲癇薬。
これらがどれくらい効いてくれているのか、
それははっきり分からないけど左目の視力が戻る事はなかった。
ワタシもここまで来たらそう多くを望んでいる訳ではない。
不自由ながらも大きな発作がなく過ごせたらそれでいいと思っている。
もし脳腫瘍であるならばその進行がゆっくりであって欲しいし
少しでも穏かな時間が多く持てたらいいな、っと。
これも贅沢な望みなのだろうか?
投薬は今のままで10日間処方してもらって様子見をする事になりました。
このまま落ち着いてくれたらいいんだけどね。
先生も必死に考えて頑張ってくれてます、有りがたいです。
今日は爪切りもお願いしました。
12月のシャンプーはキャンセルしてしまったので
せめて爪だけでもカットしてもらって歩き易い状態にしてあげなくてはね。


12月はそれこそ24時間体制で見守って来た。
常に誰かが見ていていつ発作が起きても対処出来る様にして来た。
見ている人がいない時は一緒に連れて出た。
でも、もうこれ以上24時間体制は無理なのでどうしたものか?考えた。
バリケンの様な仕様でのお留守番はれーずんには無理だしフリーでの留守番も無理。
そこで以前ビーチママから教えてもらったファブリックサークルを年末に慌ててGETしましたYO.
これがとっても良くて、ビーチママ~ありがとう♪

zy819240.jpg


購入先はここ
これが結構広くていいんです。
寝るスペースもトイレスペースも十分確保出来るし
発作が起きてもこのサークル内での事だし安心です。
寒さ対策で湯たんぽを入れてあげています。(タオル等を巻いて固さ対策もして)
簡単に出し入れ出来るしいいですよ。
でもパインみたいなザウルス系や破壊ダー系のワンコには向かないかもしれませんね。(爆~


| comments(4) | trackbacks(0) | page top |
初めまして
花のふわこと申します。
コ-ギ-でもしっぽのある“もも”というカ-ディガンを飼っています。
先天性の癲癇を3才の時に発症致しました。
現在7才ですが、丁度1年前の1/2に重度の癲癇の発作を8度もおこし、抗癲癇薬を投与を始めました。
それまでは、数ヶ月に1回の軽い発作でしたので、死んでしまうのじゃないかとおびえました。
三が日にもかかわらず、夜間の診察及び入院を受け入れてくれたかかりつけの病院の対応に助けられて、おろおろするだけの飼い主は何とか乗り切りました。
れ-ずんちゃんに比べれば、らむママさんに比べれば、大したことはないのかも知れません。
でも、癲癇時の発作はとても怖い・・・体験した者しか判らない。
記事を読み心を痛ませている者がどこかに居ることが、不安なお気持ちを少しでも和らげて戴けることを祈って、コメントをさせて戴きました。
花のふわこさま。
花のふわこさん~~
コメントありがとうございます♪
カ-ディガンのももちゃんと暮らしてらっしゃるのですね。
そうですか、ももちゃんも癲癇をお持ちですか。
癲癇発作は本当に怖いですね。
こればかりはそれを目の当たりにした人にしか分かりませんよね。
私もれーずんの初めての発作の時は死ぬのではないか?と号泣しましたよ。
そして重責発作はもっと怖いですよね。
そんな時、病院の対応ってとても重要ですよね~
信頼のおける病院で良かったですね♪
ももちゃんは何処にお住まいでしょうか?
我が家は動物医療が最高水準だと言われる愛知に住んでますが
うちの掛かりつけの獣医さんもみんさんいい方ばかりで助かっています。
れーずんの病気の記録はリンクの「つれづれなるままに」に記してありますが
実際れーずんの場合はMRIを撮っても原因が特定出来てないのが辛いところなのですね。

花のふわこさんの温かいコメント、感謝します~
お互い病気に負けず前向きに頑張りましょうね。
またよろしかったらコメントお願いします~♪
NO TITLE
ごめんよ~
年賀状出しちまった・・・。
2回目やんなぁ。
ほんとごめん。

こんなんやけど今年もよろしくねん。
年始は間違えて、拍手にコメントしてた。。。
あほやね。


れーちゃんはまずまずなんかな?
少しましな状態(らむママが少し楽な気持ち)
なんかな?

先生に託すしかない時
なんか無力さを感じるかも知れんけど
ちがうで。
らむママの気持ちはれーちゃんに
ちゃんと伝わってる。
それは、れーちゃんと出会った日から・・・
遠くから見守ることしかできんけど、
できれば苦しくつらくないように・・・

祈ってます。

がんばれ。

れーちゃん。
にこらすけいじさま。
にこちゃん~~
年賀状サンキューです。
いやいや、喪中の年はワン友さんの年賀状がと~ても楽しみなんだって!
ありがたく思ってますよ♪

れーずんはちょいと落ち着いてる。
結局病名が特定出来なかったんで
あくまでも目に見える症状で想定しながら薬で反応を見る方法しかないんよね。
だから先生も「どうしよう?どうします?」と言われる時もあるし
「こうしてみたらどうなる?」とこちらから言う時もあるし
先生に丸投げしてただただ見てるだけ~って訳でもないんだよ。
ささやかながら希望も持ってたりするよ♪
もし脳腫瘍でないとしたらもっともっと生きてくれるはずだもん。
脳腫瘍だったとしたら。。。と考えて1日1日を大切にしてるけどね♪

にこちゃんが応援してくれてる、って思うだけで元気が出るよ♪
いつもありがとう~~


この記事のトラックバックURL:
http://biog333rumy.blog55.fc2.com/tb.php/769-6a55136e
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。