らむ・れーずん・パインの3頭のコーギーと暮らしています。



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

らむママ

Author:らむママ
FC2ブログへようこそ!
現在「職人」と呼ばれる仕事をしています。
以前ガイドヘルパーのお仕事もしていました。
「人」と係わる仕事から「物」と係わる仕事へ変わり
日々ワンコに癒され暮らしています。
2010年1月愛玩動物飼養管理士1級合格しました♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

家族記念日

   
8月13日れーずんを我が家に迎えた記念日です。
それはそれはもう~母の生まれ代わりのように我が家にやって来たのです。
「raisin」にも記してありますがそれは偶然ではなく必然だったかのかもしれませんね。
今年で4年、もう4年も一緒に暮らしているのですね~

が、しかしながら本日のこの記念日をこんなにも重い気持ちで迎えるとは
つい最近までは思ってもいませんでした。



5月6日、ゴールデンウィークの最終日でした。
散歩から戻って突然の全身痙攣発作。
一体何が起きたのか分かりませんでした。
散歩中に何か拾い食いをして中毒を起してこのまま死んでしまうのだと思い
ただただ「れーずん!れーずん!」と近所中響き渡る程の大声で大号泣。
しかし不思議にも意識が戻り慌てて救急で動物病院へ運びました。
血液検査の結果、中毒の可能性はなく癲癇発作とも症状が違うようで
心臓を疑い心電図をとると
徐脈である事が判明しました。
そこで甲状腺機能の低下を疑い検査しました。
甲状腺機能は正常だったため今度は心臓のカラードップラーを撮って欲しいとこちらからお願いしました。
カラードップラーでも異常が見られなかったので最終的に3日間のホルター心電図を撮って
心臓の評価をしましょうと言うことになりホルター心電図を撮りました。
それで「心臓は徐脈ではあるが問題はなし」と言う結論が出ました。
レントゲンを撮っても何処にも異常が見られず
こうなるともう残すところは「脳」しかないと言う結論に達していました。
お世話になっている病院は心臓では日本で1・2番と言われるほどの病院なので当然設備も整っているし
獣医師のレベルも最高に高く全てがテキパキと進み診断も的確だと感じました。
担当の先生に勧められMRIを撮る方向で考えていました。
MRIでお世話になる予定の南動物病院の事も経験のあるコギ友さんにリサーチもしました。
が、この頃入院していた義父の様態が悪くMRIを撮りに行く機会を逸してしまっていたのです。
6月には脱力発作もありました。
この時にも担当の先生からは「MRIを撮りに行く方向で考えないと・・・」と勧められそのつもりでいたのです。
だけど義父の様態がますます悪くなりMRIを撮りに行くのは無理だったのです。
この頃は脳疾患ではなく癲癇であって欲しいとずっと願っていました。
実際発作時以外のれーずんは全くもって普通なのです。
6月29日に義父が亡くなりしばらくバタバタしていたのですが1ヶ月以上も発作がなく安心してしまいました。
たぶん癲癇だろう。。。またもや楽観視していたのです。
そして7月23日散歩中に突然倒れ全身痙攣発作。
病院へ行くと「直ぐにもMRIを撮りちゃんとした精査をしないと!」
と言われ2日後の25日三重県伊賀上野市の南動物病院へMRIを撮りに行きました。
MRIと同時に脳脊髄液の検査もしてもらいました。

その結果は残念なものでした。
院長先生から直接説明を受けました。
MRI画像では腫瘍か脳炎かとにかく何かある!と言うところまで分かりました。
詳しい診断はアメリカの専門医に見てもらってからとの事で連絡を待ちましたが
結局アメリカの専門医からは「分からない」と言われてしまったのです。
分からない・・・・・・と。
脳脊髄液の方は全て正常。
これはどう言うことでしょう??
ナンなのか分からない。
ではこのまま死ぬのを待つだけなのでしょうか?
ワタシには分かりません。
もうさっぱり分かりません。
やっぱりもっと早くにMRIを撮りに行くべきだったのでしょう。
先生からもあれだけ言われていたのだから・・・
後悔してもしきれません。


ここ2週間れーずんの事はすっかり諦めムードでした。
「死ぬのを待つだけなら治療はしない方がいいのではないのか?」とも担当の先生に言いました。
ショックのあまり担当の先生にも副院長先生にも駄目駄目飼い主は随分気を使わせてしまいました。
投げやりな態度の飼い主を根気良く対応して納得するまで話して下さいました。
「いや、僕はまだそんな段階じゃないと思う。出来る事はあるし良くなる可能性だってある。」と先生は言われこの先のれーずんを託す事に決めました。
病院では院長・副院長・担当の先生で治療方針を考えて下さっていました。
感謝してもし切れません。



ビーチママが繋いでくれた大切な命。
そのバトンを受け取ったのは確かに私です。
その大切な命を私のところで絶ってしまうことになるのです。
これは寿命ではないのです。
脳疾患に罹患させてしまったのは私です。
れーずんは我が家の大切な家族です。
でもれーずんを愛し応援して下さっている人がいます。
その全ての人に申し訳ない気持ちで一杯です。



れーずんの事を応援して下さってるみなさん。
本当にありがとう。
そしてビーチファミリーみんなで我が家にれーずんを迎えた事を喜んでくれたのに
こんな事になってしまって本当に申し訳ありません。



2009年8月13日         らむママ
| comments(10) | trackbacks(0) | page top |
記念日おめでとうv-237
れーちゃんはお誕生日が分からないので第2のお誕生日のようなもんやね。

でも・・・ここで一つ許せないものが・・・ごめん。

脳疾患に罹患させてしまったのは私です。
↑この言葉は許せんよ!
ほんの少しの期間食事療法をしただけで病気になるとは、通常考えられません。
それより、れーちゃんがらむママ家に迎えらるまでどんな食生活していたかも判らないのに・・・

らむママは自分を責めちゃいけません。
そんな事したら、病気になったれーちゃんは自分の事、責める事になるよ。
ワンコは飼い主に似るっていうでしょv-410

今度そんなこと言ったら、パソコンの画面からりゅうままパンチ!がでるよv-396
大丈夫といいたくなりましたが。
ずっと読み逃げですみません。

生らむれーずんちゃんと会いたいと思ってるのに。

まずは家族記念日おめでとうございます。

そして、自分を責めないでください。この子たちの場合、症状が深刻にならないと検査には出ないんだし…。

脳疾患、感染症やケガじゃないので飼い主さんが注意していてもある意味運命です。
6月にお星になった近所のこーちゃん、調子が悪くなってしばらくの血液検査は異常なしで、最後に腫瘍がみつかって…。人間のように廻り廻って兆候を早期発見とはならないのが残念ですが…。

りゅうままさんがいうようにらむままさんが自分を責めるとれーずんちゃんは自分を責めますよ。

今はお医者さんにまかせて、落ち着いてください、焦っているとよくない方向にしか考えがすすみません。

残念なことに人でもワンコでも必ず最後の日は来ます、それまでどう生きたが大事なことです、れーずんちゃんきっと復活するとみんなで信じましょうね。
家族記念日
旅先に届いた「ビックリなメール」から4年なんだねぇ~。
あれからたくさんの時間を過ごしてる大事な家族になったんだもんね。

らむママっ、あなたはとっても頑張ってるよ。
そしてその事を誰よりも知っているのはれーちゃんだよ(*^_^*)
りゅうままさま。
りゅうまま~~
おめでとうをありがとう♪

脳疾患に罹患させたのは私、ってのは・・・・
食餌とかそういうものだけを指すのではなくてね
生活環境とかね全て相まっての事なのね。
多頭飼いだったり子供がいたりお留守番が多かったりね。
そんな事も含め全部~なのね。
別の環境にいたらこんな事にならなかったのではないか?
と思わずにいられなくてね。

今日も元気に過ごせたれー子。
そうね♪
れー子が自分自身を責めてしまっては困るね。
りゅうまま~いつもありがとう♪
あっちゃんのママさま。
あっちゃんのママ~~
読み逃げはお互いさまです♪
私もあっちゃん&あっちゃんのママに会いたいと思ってますよ。
実現出来るといですね~~。。。

そうですね~脳疾患。
やっぱり運命なのでしょうか。
その運命を背負わせてしまうのは辛いですね。
「事故や怪我じゃないんだし。どこにいても脳疾患はなるよ」と先生にも言われました。
今はもう先生にお任せするしかないと思っています。
それがれー子の為には一番ですよね。

別れはいつか来るものと分かってはいてもなかなか覚悟が出来ません。
ただその時に後悔しないようやっぱり1日1日を大切に~
うちの子になって良かったと思ってもらえるように・・・
頑張ります。
お祝いのコメントをありがとう♪
エルママさま。
エルママ~~~
お帰り♪
楽しんで来たかな??
帰宅そうそうのコメントありがとう♪

「あんたはいつも突然だ!」とメロン女王にも言われたけどエルママにもびっくりメールだったよね?
「はあ??もう???」みたいな(爆

そうかあ~~ワシ頑張ってる??
エルママがそう言ってくれるならそうよね♪
れーずんもきっと分かってる??
家族記念日おめでとう♪
これからも、ずっとずっとずっ~~と一緒だよ!
「かあちゃん、これからもよろしく~」って言ってるよ。。
こちらへ初めてカキコさせていただきます。
昨日、病院でお話させていただいた凛太郎ママです。
これからもまたいろいろお話聞かせてくださいませ。

今日はれーずんちゃんの家族記念日なんですね、おめでとうございます~♪
れーずんちゃんを迎えられた時からを読まさせていただきました。
らむママさんの愛情溢れる様子に感動いたしました。
昨日のれーずんちゃんに脳疾患のような病気があるなんて考えもしなかったです。
大人しくてとてもお利口さんで、羨ましく思っていました。
優しく大切にされてれーずんちゃん幸せですね。
この幸せがいつまでも続きますように祈っています。

またれーずんちゃんに会えるのを楽しみにしていま~す (^ー^*)

ちかてつママさま。
ちかてつママ~~
おめでとうをありがとう♪
そうね。
これからもずっとね♪
れーちゃん同士頑張ろうね~~~
凛太郎ママ さま。
凛太郎ママさん~~
先日は病院で色々お話させて頂き退屈な待ち時間を楽しく過ごす事が出来ました。

れーずんを迎えた記念日にお祝いのメッセージをありがとうございました。
我が家に迎えて4年になります。
この可愛い天使がずっといてくれる事を願って止みません。

そうですね。
れーずんは見た感じ普通にしてるので病気には見えませんね。
昨日は飼い主の気持ちが随分落ち着いて来ていたので他の人ともお話が出来たのですが
その前の診察の時は誰とも会話も出来ませんでした。
いい時 凛太郎ママ さんとお会い出来て良かったです。

また病院で?アジリティー会場でお会い出来るのを楽しみにしています。
凛太郎君の雄姿を是非拝見させて下さい。


この記事のトラックバックURL:
http://biog333rumy.blog55.fc2.com/tb.php/693-d80513ee
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。