FC2ブログ

らむ・れーずん・パインの3頭のコーギーと暮らしています。



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2021 >>
プロフィール

らむママ

Author:らむママ
FC2ブログへようこそ!
現在「職人」と呼ばれる仕事をしています。
以前ガイドヘルパーのお仕事もしていました。
「人」と係わる仕事から「物」と係わる仕事へ変わり
日々ワンコに癒され暮らしています。
2010年1月愛玩動物飼養管理士1級合格しました♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する


うちのコ、れーずん。

   
うちのコ、れーずん。
保護されてちょうど2年になる。
今改めてビーチママに感謝♪
うちにこんな可愛いコを授けて下さってありがとう♪

もとの飼い主へ
このコを捨ててくれてありがとう。
自由にしてくれてありがとう。
死ぬまで檻の中に閉じ込めないでくれてありがとう。
死ぬ前に捨ててくれた事に感謝します。


撫子ちゃんのblogをずっとさかのぼって読みました。
現在の撫子ちゃんから過去にさかのぼって読んでいったのです。
今もアカラス(皮膚病)の再発で頑張っている撫子ちゃん。
保護された当時はどんなんだったんだろう?
そして見た画像は、、、、
捨てられた当時の撫子ちゃん。
あたしはあんな瀕死な状態のコーギーを初めて見た。
思わず息を呑み、、、声も出ませんでした。
不衛生極まりないケージに入れられ病院の前に捨てられていた。
なんと言う惨い事、、、
でも飼い主にも良心があったのだろう。
アカラスで苦しむ犬を病院の前に捨てたのだから・・・
保健所や警察に捨ててもよさそうなものを。
関係スタッフの方が
「死ぬ前に捨ててくれて良かった」
本当にそうだと思う。
死んでしまったらどうにもならない!
生きているからこそ治療も出来るし元気にもなれた。
そして心優しい里親さんにもめぐり合えた。
撫子ちゃんを預かり大切に愛しんで下さったかよ母さんも素晴らしい方だ。
色々な人の手と心を介して撫子ちゃんは幸せを掴んだ。
あんな状態でも死なずに生きていた撫子ちゃんの強い生命力!
だからこそ素晴らしい人ともめぐり合えた。
運命だったんだね。
これからたくさ~んの幸せを味わってね。


環境によってワンコは変わる。
今改めて見比べて下さい。

保護して下さったビーチママが里親募集時にUPされてたれーずん。

chi-cyan.jpg




先日トリミングしたばかりのれーずん。


s-IMGP3488.jpg



リボンなんか付けて♪似合ってるかい?

s-IMGP3489.jpg



らむと並んでも見劣りしないっしょ?
s-IMGP3485.jpg



お尻の毛もカット♪

s-IMGP3486.jpg



全体にはこんな感じ。
s-IMGP3487.jpg



れーずんを迎え、、、
幸せにしてあげたくて!
そう思っていた我が家のメンバー。
れー子が来てくれて幸せなのは私達人間の方でした。
本当にいい子です。
うちのコになってくれてありがとう。

ビーチママ~~
勇気を出してれーずんを保護して下さってありがとうございます。
あの時保護されなかったらきっとこのコは処分されていたでしょう。
このコにどんな罪があったと言うのでしょうか?
縁あってうちに来てくれた。
毎日毎日人間の勝手な都合によって処分されていく犬たち。
不幸な彼等の分もれー子には長生きして欲しいと願って止みません。
| comments(2) | trackbacks(0) | page top |
遥か昔のような・・・つい最近のような・・・今のべっぴんさんれーちゃんとは似ても似つかぬ状態ではありましたが「ちーちゃん、おいで♪」にそろ~りそろ~りやって来たれ~ちゃんを、忘れる事はできません。

ドブの香りを漂わせながらも(笑)、彼女は誰を恨む事も泣く生きてきたんですよね~。ナデナデしようとするときつく目を閉じ首をすくめていたのには、心が痛みました。
イヤ~な事は全部忘れて、幸せを掴んだラッキーガールのれ~ちゃん、どんどん輝いていくんだよ~。

らむママの「まかしとき!!」キャラにもとっても感激しましたよ♪
愛情ってふんわりほんわかイメージだではないんですよね♪(深い意味はございません・・・笑)


ビーチママ~~
最近れーずんを迎えた頃の事をしきりに思い出します。
レスキュー話題が多いからかな?
あの時保護されてなかったら・・・と思うと怖いです。
保護して頂いて本当にありがとうございました。

本当にここのところ日に日に可愛らしさが加速度を増していくれーずん。
ずっと会っていないビーチママも見違えるかもしれませんよ(爆

保護して下さった当時のれーずんを知っているのはビーチママだけですね。
ビーチで手厚く一時預かりしてもらったおかげでれーずんは人を信じる事が出来るようになったのかもしれません

どのワンコにも同じように優しく接して下さる姿は本当に尊敬致します。
犬には決して声を荒げる事がなく「褒めて教える」そんな姿勢がどのコも良い子へと導かれて行くのだなあ~と感じます。

ビーチママと同じく、、、
撫でようとすると目を固く閉じて首をすくめる姿には本当に胸が痛みました。
それはずっとずっと続き・・・
何故心を許してくれないのか?と随分悩んだりもしました。
毎日毎日わざとらしいくらいイジクリ回し次第に家族にはそうでもなくなりましたが
誰にでも平気で撫でられるようになったのはここ最近ですね。


「ふんわりほんわか」
↑んなモン身体だけで十分やわ~
「まかしとき~!」ど~~ん!
のおっかさんタイプやけどこれからも宜しくお願いしま~す。


この記事のトラックバックURL:
http://biog333rumy.blog55.fc2.com/tb.php/207-d8ed4012
<< NEW | TOP | OLD>>