らむ・れーずん・パインの3頭のコーギーと暮らしています。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

らむママ

Author:らむママ
FC2ブログへようこそ!
現在「職人」と呼ばれる仕事をしています。
以前ガイドヘルパーのお仕事もしていました。
「人」と係わる仕事から「物」と係わる仕事へ変わり
日々ワンコに癒され暮らしています。
2010年1月愛玩動物飼養管理士1級合格しました♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

二つの遺髪

   
遺髪がふたつ。
ひとつはれーずんの。
もうひとつは杏姫ちゃんの。
杏姫ちゃんの毛は巡り巡ってうちに来てくれて
遺髪となりました。
ふたつ並べて置いてあります。
何故か杏姫ちゃんの方がたくさんありますけど。(笑

s-aki.jpg

先日片づけ物をしていたら
出てきた針。
 中はれーずんの血液が固まってます。

れーずんが亡くなる前、2日間血管確保のために刺していた針。
命を繋いでいた針。
昏睡状態でも夜はうちに連れて帰り
1日 目
2日 目
3日目の朝はやって来なかったけど
いつもと同じように私の隣で
永遠の眠りについた。
 

最後の重責発作の時、真夜中だった事もあって
朝まで待った。
あれが判断ミス。
すぐに病院に駆けつければ助かったかもしれない命。
もしあの時に助かっていたとしたら
もっと一緒の時間を過ごせたと思う。
けれど・・・・・
その後の闘病生活はとても過酷なものだったはず。
杏姫ちゃんの闘病で想像が付く。
たぶん・・・・同じだ。
重責発作の連続・・・・
それに怯えて暮らす日々。

杏姫ちゃんはれーずんの分も生きてくれた。
杏姫ちゃんはれーずんの分も病気と闘ってくれた。
ありがとう。

れーずんはきっと・・・・
繁殖犬として酷使され
ロクな物も食べさせてもらえず
捨てられて、
見た目よりはずっと年齢も行っていたのかも知れず
もうあれ以上の発作には耐えられなかったんだろうと思う。
だから駆け足で行ってしまったのかもしれない。

杏姫ちゃん♪
お花屋さんは楽しいですか?
れーずんはきっと保育園をしてると思うから
会いに行ってね。


| - | - | page top |
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。