らむ・れーずん・パインの3頭のコーギーと暮らしています。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

らむママ

Author:らむママ
FC2ブログへようこそ!
現在「職人」と呼ばれる仕事をしています。
以前ガイドヘルパーのお仕事もしていました。
「人」と係わる仕事から「物」と係わる仕事へ変わり
日々ワンコに癒され暮らしています。
2010年1月愛玩動物飼養管理士1級合格しました♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

「怒りの声」を緊急に発信して下さい。

   
5月2日記事が更新されています。



「UKC JAPAN アニマルレスキュー」さんのブログをご覧下さい。


ちょっと寄り道して下さい。

| comments(16) | trackbacks(0) | page top |
一昨日より仕事でバタバタしており、ネットやニュースを見ている余裕が殆ど無く、警戒区域内での保護についての状況を今朝知りました。

やっぱり、いつになってもどんな時でもお役所仕事に変わりはないのかもしれませんね。
今回の保護活動も義務的な感じがして誠意や熱意が感じられないですね。

もし、飼い主の要請がなければ無断では…と言うのであれば、行政や原発対策本部は避難している飼い主とその場で連絡を取り保護する位の事はするべきなんですけどね。

どうして飼い主がペットを置き去りにして避難しているのか、その根本的な原因と、保護する対象は人間と同じ命なんだと言う事を行政や原発対策本部はもっと考えて行動して欲しいですね。
はじめまして。

私も、落胆と怒りで、JKCさんのブログを転載し
ましたが。
たった11人の職員。2時間という制限付きの厳しい
条件の中の捜索だったようです。
藤野真紀子さんのブログを読んでください。
http://ameblo.jp/makiko-fujino/page-4.html#main
前の記事のリンク先である獣医師さんのブログが更新されていますね。

なぜ、連れて避難できなかったのか。
連れて行かなかった飼い主さんに非があるわけではなく、それをさせなかった、あるいはさせる環境を整えていなかった行政に非がありますよね。

おっしゃるとおり、本気でペットを救済するつもりはないでしょう。

「要請がなければ助けない」?
じゃあ、他人の家の中で人が倒れていた場合、家族から「助けて欲しい」という要請がなければ助けないのでしょうか?

ペットを車ではねて死なせても器物損壊、人をはねて死なせれば自動車運転致死や危険運転致死。
同じ命を「物」としか考えていないのが現状でしょう。

情報が錯綜としていて、
今の段階ではどの情報が正確なのか、確信が持てるのか、
希望があるのか、
もうあまりに色々になってしまっていて、ごちゃごちゃになってきてしまっているね。

らむママさんお先にごめんね。
チュチュママさん、始めまして。
藤野真紀子さんのブログは私も以前からずっと読ませて頂いています。
私は・・おそらくらむママさんもそうだと思うのですが、
以前にブルセラの事で藤野真紀子さんに期待した事がありました。
今回も期待したいのですが・・・
正直、どこまで本当か・・という気持ちです。
頑張って救済していただけるなら、
私はどこの団体だろうと、どの議員さんだろうと応援したいのです。
正直に最後まで貫いて下さる方であってほしいです。

県の職員の方は指示された事をする事しか出来ないだろうから、
いろんな矢面に立たされるのは気の毒だと私も思います。

そもそも、国が救済する気がないのが問題なのだと思います。

らむママさん、私と違う気持ちだったらごめんね^^;
アオイパパさま。
アオイパパさん~~
毎日お忙しいんですね。
頑張って下さいね♪

警戒区域内での保護、、、、
本来の目的が「保護」でないのがそもそも・・ですよね。
みなしごさんが
「趣旨はどうであれ、何回強い要請をしても絶対に、この区域のペット達に関して行動を起こさなかった行政が、今回初めてこの区域に実際に入り数頭でも保護してきた事は、何らかの突破口になるような気がします。」
と書いてありますが、確かにそうかもしれません。
でも、警戒区域内にはあと4800頭もの犬がいると言われていますので
ここからは一気に急展開しないと間に合わないんちゃう?

本当にアオイちゃんのパパが言われる通りです!
全く同感ですよ。
ワタシなんどド主婦目線で「東京電力社員総出で警戒区域内の動物の保護にあたって欲しい!」
「東京電力の不動産でシェルターとして使用できるよう提供してほしい!」と思います。
無茶振りですけどね。

7日に勉強会に参加しますので詳しいお話聞けると思います。
それとこの勉強会の事、先日より連絡取ってるTV局の方にお伝えしました。
報道の担当さんにも伝えて下さるそうです。
チュチュママさま。
チュチュママさん~~
初めまして、コメントありがとうございます。
ブログでリアルタイムに情報発信されているのですね。
凄いです。

「たった11人の職員。2時間という制限付きの厳しい 条件・・・」
↑これ、これ自体がすでに問題だとワタシは思います。
時間がないならなおの事大人数で現場が分かっている人、
保護する知識や経験がある人が必要では?って思いますね。

藤野真紀子さんのブログは勿論読んでいますよ。
今回は最後まで頑張って欲しいと思います。

それぞれがそれぞれの置かれた立場から動物保護のために必死にアプローチして下さってやっと進展した訳ですよね。

飼い主さんからの保護の要請にも応えるとの事、嬉しい進展ですね。

ワタシの思いはキートンさんと全く同じです♪
彼女とはレスキュー関連の事で数年前からの「同志」ですから~

国の決断力の遅さと、情報開示の少なさも原因でしょうね。

避難当初から、家畜やペット達はどうなってもよいとの、判断を国がしたのでしょう・・・・

迅速に行動できる政府なら、家畜達だって検査をしながらどんどん移動させる事は可能だったと思う。
しかし!出来なかったと言う事は、何か・・・?と
憶測してしまう。
ビディ父さま。
ビディ父さん~~
獣医さん、またまたブログ更新されててこれから現地に向かわれるのかな?
議員さんとも繋がりが出来て先生が地道に頑張って来られて少しづつ何かが動き始めているようです。
本心を言えば誰もが「もっと早くに!」でしょうけど。
これから本気でペットを救済しようとしている方達の思いが報われるように進展して行く事を願うのみです。

飼い主から要請がなければ助けない・・・って。
じゃ、要請出来るようにしっかり周知の努力してるのでしょうか?
避難所でおひとりづつ聞きとりされてますか?
いづれにしても大方のお役所仕事は
こっちから何かをして欲しいと思えばややこしい気が遠くなるような(老人では飽きられるくらいの)
手続きをしなければならず
税金等お金を徴収する際は有無を言わせず自動的に書類が送られて来ますよ。

いつまでの「物」扱いのペット。
どうなって行くのでしょうか?
キートンさま。
キートンさん~~
本当に情報が錯綜していますね。
そして同じ事でも立場違えば捉え方もまた違うものなんだなあ~と改めて感じました。
「20㌔圏内立ち入り禁止」の決定が出ても
「助かろうと20キロ圏内から出て来ているペットがたくさんいるからまだまだ保護出来る」と頑張って下さる方もいたりして。
ワタシとしては現地に近い人(団体さん)のブログに真実があるのではないか?っと思っています。
机上の空論ではない分真実味があります。

キートンさんがチュチュママさんにコメントして下さった、全くその通りです。
ありがとう~♪
藤野真紀子さんのブログ、勿論読んでます。
一度自分のブログでも紹介させてもらいました。
どこの団体さんでも議員さんでもいいよね、最後までちゃんと意思を貫いて救済して下さったら。

国として「ペットも責任を持って救済する」と決断されないんだから県も市も手は出せない。
ワタシも県や市の職員さんは気の毒だと思います。
どうか少しでも良い方向に向かって欲しいですね。
事情も全く知らず、乱入して、ごめんなさいm(__)m

私が情報発信するほどの力量もないのですが。
レスキューさんとの面識もありませんし。

ただ、私は福島県出身なんです。
風評や福島県民避難者の方への蔑視のことを聞いたり
すると、居たたまれなくなります。

そして、ペットを置き去りにした双葉町民・大熊町
民の方は許せないという方もいらっしゃいます。

メールは送りました。
立ち入り禁止になる前も、各方面、嘆願メールは送って
います。
私レベルの情報量しか持たない方へ、発信するだけ。
私に出来ることは、そのぐらいですね。





てんそらさま。
てんそらさん~~
そうですよね、国はいつも決断が遅い。
まあ~内情は分からんけどペットのことは
「人命優先」って大義名分がありますから
どんどん先送りして「検討中」で済まされて来たんでしょう。
それで家畜は「処分」されることにまでなって。。
結局は「物」扱い、人間の糧とする物だから?
でも今の時代ペットをただの「物」とする扱いは有るまじき行為。

国民が声を上げて行かなくてはね。
チュチュママさま。
チュチュママさん~~
いえいえ、決してそんな事はありません。
気になさらないで下さい。
キートンさんもワタシもチュチュママさんのように一生懸命な方、素敵だと思います。
「乱入」だなんて(笑)そんな事思ってませんって。


福島ご出身とのこと、さぞやご心配でしょう。
避難された方々が「ペットを置き去りにした」なんてそんな風には思っていませんよ。
それは双葉町の方々が避難される際にレスキューに入った団体さんのブログを最初っから見てれば分かりますもの。
そしてそれに対する役場の方の対応もです。
決して騙したとかそんな事ではないのも分かります。
ただ普通の人は「よくペットを置いて自分だけ避難できるわね」云々と言われます。

ワタシは平日はほぼフルタイムで仕事をしていますので情報も少ないのです。
チュチュママさんのブログは最新の情報がUPされていますのでこれからも参考にさせて下さい。
「強くて優しい犬」の記事のご紹介ありがとうございました。
獣医さんのブログのコメント蘭でその旨書かれていてたのでソースが分かって写真まで見られて嬉しかったです。
引き続き情報UPお願いします。
らむママさん、またまた私も入れてください、ごめんね(笑)

チュチュママさん、私までチュチュママさんにコメントしてしまって驚かれたでしょうね、
ごめんなさいね^^;
でも、この記事に関してらむママさんがUPして下さったのは私にも責任があると思ったので、
チュチュママさんにコメントさせて頂きました。

チュチュママさんの気持ちはとても理解出来ます。
故郷が大変な事になってる時に風評被害や非難されてる人の事を軽視だなんて、
そんな事をもし感じたとしたら本当にごく一部の人なんだと思います。
少なくともこうして声を出してる者は心から心配して、そうしてなんとかしたいと真剣なんです。
それだけは信じて下さいね。

らむママさんが書かれているように、
私も泣きながらワンニャンを置いていかなければならなかった方達の苦しい気持ちはわかっています。

よく置いてきたね・・なんて、
対岸の火事であれば人はなんとでも言えると思います。
本当に苦しいのは誰でもない、置いてこざるを得なかった飼い主さんなんですよね。


みんなそれぞれに住む場所、環境は違っても
思いはひとつ。
今取り残されてる小さな命達を救いたい。
私も全然微力で恥ずかしいぐらいなんですが、
気持ちは同じ方向に向いてます。
頑張りましょうね(^_^)

ありがとうございます。
キートンさま。
キートンさん~~
いえいえ。。。
どんな記事でも自分の責任においてUPしていますのでキートンさんにご心配をお掛けして申し訳なく思っています。
まあ~でもでも。。。
フォローに入ってくれる友がいるってのもこれまた嬉しい限りですよ。
愛知に住むワタシを北海道のキートンさんが思いやって下さるってね、凄いね。

みんなそれぞれが置かれた環境で出来る事をして行きましょう。
一番の罪は無関心である事だとワタシは思います。
チュチュママさま。
チュチュママさん~~
頑張りましょうね♪


この記事のトラックバックURL:
http://biog333rumy.blog55.fc2.com/tb.php/1057-da815b07
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。